百花繚乱魑魅魍魎

アクセスカウンタ

zoom RSS あらあら。

<<   作成日時 : 2009/04/17 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝から病院で検査と診察の為、5時に起きて病院に行く。


しかし、検査の時間を間違え一時間弱待ちぼうけをくらう…。



今回のMRIは造影剤を使って下垂体の検査。
同意書の副作用に「ごくまれにショック死」とあり少しビビる(^_^;)

造影剤を注射する際、血管が細いので手の甲から入れることに。
慣れてるけど、痛いものは痛い・・・。



検査後、脳神経科で診察。
待時間が長く、隣に座ってたおばちゃんに話しかけられしばし談笑。
名前を呼ばれ、診察室へ。

前回、小汚なかった医師はキレイにヒゲを剃っていた。
…前回の私の心の声が聞こえたのか。



医師曰く、
「血液検査でのホルモンバランスは大丈夫でした。今回のMRIで見ると腫瘍があると言うより下垂体自体が腫れているみたいです」



で?




「大学病院で精密検査することもできますが」

大学病院ねえ。
まあ、受けておきましょうかね〜。
あんまり大学病院て好きじゃないけど。
昔、実験のモルモットのように大勢の研修医に覗き込まれた記憶がある。



「じゃあ紹介状書きますので」


ってなことで大学病院行き決定。



再び待ち合いで待たされる。
紹介状とCD−Rを渡され、大学病院の話を看護師から聞き、続いて外リンパろうの診察のため耳鼻咽喉科へ行く。

担当医師、顔を合わせるなり、
「なんか大変なことになってきましたね」
と冗談まじりに話をする。



そうね、ちょっとした検査のはずが大学病院まで行かなきゃいけないなんて。


「私は専門外なんでよくわかりませんが、よく診てもらってきてください」
と、医師はいう。




とりあえず、下垂体の話が落ち着くまで外りんぱろうのことはしばらく待機状態に。
また3ヶ月後に診察予約。




会社でも健康診断の時期だし、大学病院で診てもらうのもいいかな。
通院貧乏になりそう・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あらあら。 百花繚乱魑魅魍魎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる