百花繚乱魑魅魍魎

アクセスカウンタ

zoom RSS 虐待。

<<   作成日時 : 2009/04/28 17:17   >>

トラックバック 1 / コメント 5

最近ニュースで子どもに対する虐待が多く見られる。


それを見る度に背筋がゾッとする。



なぜ、自分が産んだ子どもに暴力を加えることができるのだろうと。


ベランダに放置したり熱湯につけたり逆さまにぶら下げたり・・・。

もし自分が同じことをされたらどう思うのか。
泣き叫び助けを求めるに違いない。
ましてや、相手は子ども。
自分が守らねば確実に命を落としてしまう。それなのに、何故簡単に虐待をしてしまうのか。



私だって娘ちゃんに対してあたってしまう時はある。
きつい言葉を投げてしまうことだってある。


でも、「自分の子」だから愛おしい気持ちの方が勝つ。


「かわいい寝顔を見るとホッとする」というが、ほんとにそう思う。
口をポカーンと開けて寝ていようが、ヨダレをたらしてシーツがヨダレの海になっていようがかわいいのだ。


夜中に気分が悪いと言って起きた途端、マーライオンになったって手で受けれるし(食事中の方すいません・・・)



娘ちゃんにとって親は私だけだし、出来る限りの愛情を注ぎたい。


事件を起こす親たちが愛情を注いでいないとは一概に言えないけど、人の命と言うものを軽視しているように思えてしょうがない。


春とはいえ夜は冷えるし、ご飯も食べさせなければ衰弱するなんてことは考えなくてもわかること。
それを続ければ死に至ることなんてわかりきったことなのに。
熱湯に乳幼児を放り込んでそのリアクションが「おもしろかった」なんて何で言えるのか。




子どもが実の親に殺される、虐待される事件を見る度につらくなります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
心のネジが一本足りない?
2歳の長女に熱湯をかけてやけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は、傷害の疑いで、いずれも東京都足立区の無職で母親の少女(19)と友人の少女(19)を逮捕したのだそうです。ニキビ撲滅プロジェクトは関連トピックのトラックバック大歓迎です! ...続きを見る
ニキビ撲滅プロジェクト
2009/04/28 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとにそう思います。私はまだ独身ですし子供はいませんが、他人でも同じ人間にそんなことするなんて考えられないのに、ましてや子供になんて…。
ところで、心霊スポットの件、できたら私もぜひ参加させていただきたいなと思います。ま、私は小さいときに「おばけが絶対見えませんように、なんにも聞こえませんように、感じませんように!!」と、神様にお願いしたので、残念ながらおそらく何にも感じないはずですけど(笑)
kurosuke
2009/04/28 17:44
>くろちゃん。
こういったニュースは同じ子どもを持つ親として悲しくなります。

心霊スポットの件ですが、何も決まってないんですよ〜。
とりあえず人数が集まればって感じですかね。
くろちゃん一番乗りです(笑)
私も神様にお願いした・・・ことはないんですけど霊の類は見えないです。
UNI
2009/04/28 22:24
私は甥&姪が可愛くて可愛くて・・
毎日写真眺めてるし、ヤツらに会うためにも三ヶ月に一度は実家に帰省します。
だから虐待されている子のことを考えると重いです。

親より先に死んだ子供が、地獄の賽の河原で、親より先に死んだ罪・「逆縁」の罰を受けて石を積み、それを鬼が崩すことを繰り返し、苦しむ子供を救済するのが地蔵菩薩なんですが・・・

じゃあ親に殺された子供も、逆縁の罰を受けるのか?
と、いつも考えてしまいます。

いや、そういう子供こそ、地蔵菩薩様が救ってくださると信じたい。
藩金蓮
2009/04/28 23:56
僕も、虐待のニュースを見るたびに心が痛み、落ち込みます。

自らお腹を痛めて産んだ子供を、自らの快楽のために傷付けるなんて、とても正気の沙汰とは思えません。

しかし、そんな信じられないことが、この国では日常として溢れている。

親が子を殺し、子が親を殺す。

一体、どうなっちまっているのか?

こんな、クソったれで悲しい事件が少しでも減るように、僕たちは作品を武器に代え、世間の馬鹿親たちに訴えかけましょう!
キルバーン
2009/04/29 11:44
>藩金蓮姉さま、キルバーンさん。
悲しい世の中ですね。
つらいニュースを見る度に親である責任の重さを感じます。

子を持つ親の方が大人になりきれてないように最近よく思います。
私もそのひとりかもしれませんが・・・。


そのうちこういった気持ちを作品に昇華できるように頑張っていきたいですね。
UNI
2009/04/29 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
虐待。 百花繚乱魑魅魍魎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる