百花繚乱魑魅魍魎

アクセスカウンタ

zoom RSS 名刺の裏。

<<   作成日時 : 2009/06/09 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私の勤める会社に今年の4月から入社されたKさんという男性がいます。



大手建設会社で営業一筋で頑張ってこられ、今年定年で退社されたそうです。




流石に大手でガンガン営業回ってただけあって交渉術は見事。
「いる」「いらない」がハッキリして話に筋が通っている。







・・・でもね。

人の意見を全く聞かない、相談もなく物事を進めるのはどうかと思いますぜ。


例えば、先日Kさんの名刺を新しく作り直すことになりました。(部署と肩書きが変わるので)
印刷屋と話してFAXを流します。
予め、会社のロゴと裏面は大量に刷ってあるのを印刷屋にストックしてもらっているので、肩書きと氏名のみを刷り込んでもらうだけの状態。
校正で確認したらOK出して終わりの仕事です。

「校正が届くのが昼過ぎになりますよ〜」
とだけKさんに言い残して私は銀行回りに出かけた。


銀行から帰ってきたらKさんがいない。
校正も届いていない。
後輩の事務員に聞いたら、
「Kさんが印刷屋と直接話しするって出て行きました」
という。



はあ?



詳しく話を聞けば、Kさんが名刺の裏面を変更したいから直接行くのに印刷屋がどこにあるのかしつこく聞いてきたらしい。
後輩は、「裏面変更するならUNIさんに話した方がいいですよ」と何度も言ったのに教えろ教えろの一点張りで根負けして教えたという。



案の定、印刷屋から電話がかかってきた。
名刺の裏を新規で作るのか?本当に作るのか?フルカラーで?という問い合わせだった。
そりゃ、いきなり知らんおじさんが来て注文したらビックリするわな。



とりあえず、校正だけ頼むことに。



翌日。校正が届く。
Kさんに見せると、
「ああ、いいじゃないですか。じゃあこんな感じでシール作ってください」



はああああああ(゜ロ゜;) !?



し、し、し、シール?!ってなんぞや!どういうこと?



自分が営業をかけている内容が、名刺の裏に書いてあることとかけ離れているので裏を変えたかったのだと。
でも今使っている名刺がもったいないので、裏にシールを貼るのだという。
次からは刷り込みでするけど手持ちの分がなくなるまでは、とのことらしい。



しかも、それを私に作れという。
「ラベル専用ソフトで簡単に出来るから。僕は年寄りだから使えないけど」


面倒くさいことは「年寄り」で逃げるのね。
ええ、ええ、私は「若い」から使えますけどね。


人の仕事を増やすな、勝手に。



裏面なんて、子会社の名前と住所くらいしかないのに・・・。



ムカついた。でも仕事だから。



シールは、我ながらかなりいい感じに出来上がった。
「これで文句あるなら言うてみい」ってなぐらいに。





専門学校に行ってたときのパソコンの授業が思わぬところで役にたちましたわ。



このKさんには毎日何かで振回されてクタクタ・・・。
朝から事務所にいないとわかると、ホッとする。




明日も何かあるでしょう・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名刺の裏。 百花繚乱魑魅魍魎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる