百花繚乱魑魅魍魎

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て。

<<   作成日時 : 2009/06/28 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

夜の9時。
娘ちゃんとお風呂に入ろうと、脱衣所に行く。

鏡の前でコンタクトを外そうとしたときに、思い出した。



「コンタクトの保存液がない!!」
買い忘れていた。



私は2Weekのコンタクトを使用している。
交換時期が明日とかならば、まあいいかと思えるが、今装着しているのは3日前に開封したばかり。

まだ捨てられない。



脱ぎかけた服を再び着て、車に乗り出かける。
娘ちゃんも行くというので一緒に。



車で10分ほどの「ジ○パン」に行く。

保存液を買うだけなのでちゃっちゃと済ませようと店内を早足で歩いていると、娘ちゃんが陳列してある商品にぶつかった。
床に広がる商品。
「もう〜、ちゃんと前見て歩きよ〜」
と、一緒に商品を拾っていると、一人の女性が前に来た。


商品を戻し、立ち上がった私に微笑みかける女性。
年は私より2〜5つ上ぐらいだろうか、Tシャツに短パン、ウエストポーチ姿。
「あの、お仕事されてます?」


初対面の人にいきなり「お仕事されてます?」って何?


「ええ、まあ」と返す。

「子育てで悩まれていることってあります?」



この時点で子育てに関する商品のアンケートでもやっているのかと思い、しばし話を聞いてみる。
するとその女性は自分の子育て体験談を語りだした。


自分では気付かないけれど、子どもに対して狂ったように怒ってしまうことがあってそのことが子どもに対してもストレスとなり、精神的な病気の症状が出てきてしまったのだという。

「それでね、子育ての講演会に行ったんです」


そこでやっと、講演会の勧誘であることがわかった。


女性はそこで話を聞いて相談して実践して、親子関係がとても良くなったそうだ。



・・・ちょっと待て。なんで私にそんな話をしてくるんだ。
もしかして、私が娘ちゃんに対してキツく当たってるように見えたとでもいうのか。
周囲を見てみれば、親子連れはいくらでもいるのに。


ウチはそんな険悪な親子関係じゃないですから。
ちょっとムカ・・・(-_-メ)



早くこの場から逃れたいと思い、
「じゃあ、その講演会のチラシとかってあります?」
と聞いてみた。


すると、
「すいません、お金かけずにこじんまりとやってるのでチラシはないんです」
といい、今度は友達の体験談を語りだした。

ええ加減、店員も止めに来てくれへんものか。
店内でこういう勧誘したらあかんのとちゃうんかい。




「もう本当にいいから講演会来てください。○日と×日はお仕事ですか?」


体験談を語って勧誘する人って、目がすごく怖い。
イっちゃってますもん。


「また機会があれば・・・」と逃げようとすると、すごい勢いでメモを取りだす女性。


「じゃあ、これ私の携帯番号とメールです。興味があったら是非」

メモを握らされる私。

女性と別れ、保存液を買う。




・・・保存液買いにきただけなのに、20分も話聞かされるとは。
チラシもない、講演会にくる講師の名前も会場の規模もわからない、自分の体験談だけして「良いから来てくれ」なんていう講演会に行く人なんているのだろうか。
人を集めたいのか自分の話を語りたいのかはたまた何かウラがあるのか・・・。
ちょっと何があるのか興味がわいたが、かなり怪しかったのでメモは破棄した。


子育てなんて十人十色なんだし、子どもと一緒に模索していけばいいんじゃないかなあと思う。
人に教えてもらったことがそのまま自分ちに当てはまることなんてめったにないんだから。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育て。 百花繚乱魑魅魍魎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる