百花繚乱魑魅魍魎

アクセスカウンタ

zoom RSS 術前検査。

<<   作成日時 : 2010/07/31 13:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

外リンパ瘻の手術まで約10日。


金曜の午後から仕事を休み、手術前の検査に行ってまいりました。



検査って言っても健康診断並みの検査なんですけどね。



看護師さんに連れられて、尿検査と血液検査に行く。

先日会社の健康診断で尿にタンパクが少し降りていたのでまたひっかかるんじゃないかとドキドキ。

血液検査では案の定、血管が細くてなかなか浮き上がらない体質のため右腕をバンドで括られたままゴシゴシ擦られる。
子どもの頃から血管が細くて採血や点滴の時に看護師さんが苦戦している姿を見ているので、結構のんびり構えてはいたけれど・・・手が痺れてきた。

左腕に変えてまた擦られる。

なんとか血管を発見してもらえて、採血開始。
注射器1本分採られる。
自分の血が赤いことを確認しました。


透明のプラスチックの容器に注射針だけ刺してパキッと外してるのを見ると、やっぱり注射針とか血液が付着した物って直接触れないように処理できるようになってるんだなあと思う。



・・・でも、入院中の点滴でも血管見つからないで看護師さんがワタワタするんだろうな。
前回の入院で、点滴の針を刺しにきた新米看護師さんがなかなか血管を探せずに泣きそうになっていたのを思い出す。
一緒に来ていたベテラン看護師は見ながら口で説明してるだけで、私も両腕出したまま時間だけが過ぎて。
自分で頑張るのも大事なことなんだろうけど、手術の直前にこんなに時間くって大丈夫か?ってこっちが心配した。



採血の後、「血液が何分で止まるか調べる検査」をする。
前回はなかったな〜。
耳たぶをプチッと針で刺して微量に出血させて、直径10センチほどの円形の紙で時間を見ながら血液を拭きとって行く、という検査。
私はじっと座っているだけで何がどうってことはなかった。
色んな検査があるのね〜。



隣の部屋に移動して心電図と肺活量の検査。
肺活量の検査って、笑いそうになるのは私だけでしょうか。
紙の筒を口にくわえて鼻をクリップでつままれ、検査技師さんの言われるままに口で息を吸ったり吐いたりっていう検査。
検査技師さんの言動がねえ。

「普通に呼吸してくださ〜い。・・・吸って吐いて吸えるまで吸って〜〜〜〜・・・吐いて吐いて吐いて〜〜〜!!!!」

・・・文字では表現しきれないのが悔しいのですが。
絶対笑わそうとしてる気がする。

おかげでやり直しすることになった。
思いっきり吐く瞬間に笑いがこみあげてきて、その結果吐き始めが弱く出てしまったらしい。
笑ったら空気も漏れるわ。



そして最終、レントゲン検査。
肺のレントゲンを撮ります。
しかし、検査着に着替える控室がめちゃくちゃ狭い。
私が両手を伸ばせない、人1人が入るだけでいっぱいいっぱいの控室。
閉所恐怖症の人、大丈夫なんだろうかと思ってしまう。
着替えるだけだから良いと言えば良いんだろうけど。



検査を終えて耳鼻科に戻り診察の順番を待つ。
夕方で午後診は予約診だから患者さんもほとんどいない。


手術に関する話も2回目ということで簡略に話をして終わる。
検査の結果も血液検査の結果が全部上ってきてはないけれど概ね異常なし。
尿のタンパクもなかった。
ただ鉄分の不足が・・・。
貧血がちょっとあるようだけど、別に治療を要するものでもないので大丈夫とのこと。


入院までに風邪をひかないようにと何度も念を押され、この日の検査と診察が終わった。






次にこの病院に来るのは入院する時。
そろそろ入院準備始めなきゃいけないなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
藩サンから聞いてビックリしました〜(ノ△T)
手術なんてっ!?

術日には京都から念を送りますっヲ~
コッチ(塾生)
2010/08/06 22:48
>コッチちゃん。
怨念送らないでね(笑)
もうすぐですよ、手術。

頑張るよん。
UNI
2010/08/07 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
術前検査。 百花繚乱魑魅魍魎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる